未開花症対策。

この未開花症ですが、写真では切れてしまっていますが、上部の副穂を使うという方法が有効なようです。
このような副穂を使います。この写真のように主穂の棒の部分を残しておいて、テープナーで固定すると下の写真のように花穂を下に向けることができます。

ブドウのジベレリン処理

キングデラウェアです。軸長、約11センチで房作りしてあります。先端まで花が咲いたものがその木の8割になったら、1回目のジベレリン処理を行います。キングデラウェアは50ppm。巨峰とシャインマスカットはジベレリン25ppm。フルメットは4ppm。フルメットは2回目には入れません。
こちらはシャインマスカットの未開花症と思われる房です。

大石早生の目合わせにいきました。

まず、青秀。まだ緑色で、先端がうっすらあかみがかっています。そして、ハズレと呼ばれる葉っぱのスレやキズがないものになります。
赤秀は良く見ると、親指の先あたりにハズレがあります。
無印は小さいですし、やや変形しています。
出荷不能は先日降ったひょうの被害果です。うちはひょうは大丈夫でした。
このような大きなキズも出荷不能です。
こちらが甘熟です。緑色も見えますが、実の半分近く赤色をおびています。多少、ハズレがあっても大丈夫です。ポイントは木で柔らかくなってしまったものは出荷できません。
さて、私の大石早生はというと、地色が抜け始めていますが、まだ、赤みは出ていません。
このように、地色が抜けて白っぽくなっています。この状態から何日で甘熟の状態になるのか、今年は記録したいです。

貴陽笠かけ中。

出勤前と後の約1時間、少しずつですが、地道に貴陽に笠をかけています。
今日は大石早生の目合わせでしたので、近々、大石早生の出荷になります。貴陽の笠かけはやっと、1本目を終えたところですので、残り1本頑張らないといけません。

貴陽に笠かけ

一つ一つ、手作業でつけていきます。
沢山なっているところと、全然なっていないところがありまばらです。
重さで枝が折れないようにつっかえ棒をしました。

桃とカボチャのコラボ。

桃畑のど真ん中に畝を立てマルチをしきました。ここにカボチャを定植します。
栗かぼちゃです。
昨年は、カボチャの収穫時期に草刈りをしたら、カボチャに直射日光があたり、やけてしまいました。

深溝であれを定植。

長ネギを定植します。品種は下仁田ネギ。
苗です。
一応、そこに肥料をまいておきました。
底に植えて、徐々に土を被せていきます。
この畑は防獣対策を何もしていません。そのため、獣が食べないであろう長ネギを植えました。イタズラされると思いますが、壊滅状態までやられることはないと考えています。

玉ねぎ収穫。

今年は除草を草むしり検定1級の達人に手伝ってもらったので、玉ねぎがよく育ちました。天候の影響で、とう立ちしてしまう玉ねぎが多かったですが、うまくいきました。

ヤングコーン収穫。

この作業をしないと、栄養が分散してしまい、十分な大きさのスイートコーンに育ちません。とりたてのヤングコーンはとても美味しいです。

黄金桃の袋かけ

入り口側の木、第2主枝が12枚、第1主枝が11枚で合計23枚袋かけしました。
奥の木は第2主枝が18、第1主枝が19枚で合計37枚でした。

トマトを定植しました。

種取りできる大玉トマト、アロイトマトを定植しました。
まだ、苗が小さいですが、他の作業が差し迫っていて、時間がないため定植してしまいました。
一応、雨避けもしました。
メロンとスイカも定植しました。