秋作トウモロコシの収穫

絹糸が茶色くなるのが、収穫の合図です。概ね、順調に育ってくれました。100本、ご注文いただいたお客様のところへ出荷します。
11月下旬ですが、ビニールをかけていますので、日中の最高気温は25度近くと高い温度を維持できています。また、この時期であれば、温度上昇しすぎて光合成速度が落ちる心配も少ないと考えられます。
夜間の気温は10度程度まで下がります。夜間は光合成は行われず、呼吸と蒸散を行いますが、気温が高いと代謝によって消費する糖が増加してしまいます。10度程度であれば、植物自体が死んでしまうこともなく、代謝も抑えられます。



大体300gを超えるくらいの重さでした。
収穫してすぐのスイートコーンは格別に美味しいです。
なんと糖度は20.5度。秋作は工夫をすることで糖度が高く美味しいものが出来ると分かりました。想像以上の出来栄えで、買ってくださったお客様にも喜んでいただけると思います。

タマネギの苗を定植しました。

自作のマルチ穴あけ器はうまく使えています。進行方向側に自分が立ってバックしながら穴をあけていきます。
たまたま根っこが少ない株でしたが、苗は自分にしてはまあまあの出来でした。
このように一株一株植えていきますので、それなりにきついです。タマネギ専業農家の方はどうしているんだろう。
苗がなくなりました。今日の作業は完了しました。

ソラマメを播種しました。

数年前、河内一寸ソラマメを野口の種さんで購入しました。食べたいのを我慢しながら翌年の種にとっておくようにして、種の数を増やしていきました。今では十分な量の種があります。今年も大事に育てたいです。
ソラマメを3畝蒔きました。1畝、約25mの畝をつくり、マルチを設置し、ソラマメの種を播種するのに2人がかりで約半日かかりました。この後の霜の対策に落ちていた笹を一部に被せてみました。

タマネギの準備

この場所は先週まで、落花生が植わっていました。落花生を片付けてタマネギを植え付けます。
タマネギ全面マルチ法は、面倒くさがり屋の私が考え出した、植えつけてから収穫までほとんど除草を行わないで栽培する方法です。植え穴から出てくる雑草を抜かなければなりませんが、自作のマルチ穴あけ器で植え穴のサイズも最小にできるので、雑草の発生を抑えられます。
全面マルチを敷き終えました。タマネギ苗の植えつけは来週以降になります。

エンドウ豆の播種

Before。かなり荒れています。忙しくてしばらくほったらかしにしていたため、雑草が伸び放題でした。本日は、ここを片付けます。
ここのアーチではエンドウ豆のツタンカーメンを栽培します。
after。丸一日かけて手作業で雑草を引き抜いて、エンドウ豆を播種しました。
アーチに沿って溝を掘り、ツタンカーメンの種を播種しました。

逃げ切れるのか…

トンネルビニールが外れている箇所がありましたが、概ねトラブルはありません。
トンネルの中。
トンネルなし。一応、成長していますが、トンネルの中のものと比較して細いように感じます。

ピュアホワイト秋作の寒さ対策

本日は2022年10月24日。先週くらいまでは日中、25℃に上がるような日もありましたが、この後の天気予報によると、最高気温20℃、最低気温4℃という日が続きます。このままで収穫まで辿り着ければ良いのですが、ピュアホワイトの収穫までの日数は88日前後ということで、あと26日(今、62日目)も栽培期間があります。おそらく寒さで枯れるか実が膨らまないのではないかと思われます。そのため、自分なりに寒さ対策を考えました。
寒さ対策として、スイートコーンをビニールで覆う事を考えました。そのために、スイートコーンの丈を低くする必要があり雄穂を切り落としました。
前回、除房したので、残った実がしっかりしてきました。
トマトやキュウリ用のアーチなら頑丈ですが、私は持っていないのと、持っていたとしても設置が1人では時間がかかります。1人で資材を運べてかつ比較的簡単に設置できる方法を考え、ダンポールを利用したトンネルの設置を思いつきました。ダンポール2本を結束バンドで止めて連結しアーチを作りました。
トンネルビニールをかぶせて、ビニール紐で引っ張り杭を打っています。下の部分は地上との隙間が約50センチあいていますが、ビニールトンネルを密室にしてしまうと、最高気温20℃とはいえ、晴れの日には中の温度は50℃に達してしまい植物は死んでしまいます。トンネル内の温度を適度に保つのは難しいですが、何もしないよりは良いと考えています。
5畝分トンネルをかけ、1畝はあえて何もしないことにしました。成長にどのように影響するのか楽しみと不安とあります。また、強風が吹いた場合、トンネルは外れてしまう可能性があります。台風が終わる今の時期ならなんとかなるのではないかと考えています。

ザクロの収穫

家の敷地内にあるザクロの木が収穫期を迎えました。
箱に詰めてお客様のところへ送りました。